ソースと技術


原文:http://www.openoffice.org/FAQs/faq-source.html
管理:OpenOffice.org日本ユーザ会翻訳プロジェクト
翻訳:熊澤
査読:中本,谷口,Y
更新:中本
文書更新履歴


Last updated 2002 Aug. 11

質問


回答

ソースはhttp://www.openoffice.orgからCVSを通じて得ることが出来ます。

このページのトップへ

それはあなたの目的によります。

  1. 家庭や職場でOpenOffice.orgを使いたい場合
  2. ソースを見たい,OpenOffice.orgを開発したい場合

どちらの場合もダウンロー ドページを見てください。最新のダウンロードへのリンクが張られています。

このページのトップへ

コミュニティは2つのライセンスすなわち[LGPL]と[SISSL]の全文が含まれていることを条件にCDでソースの配布を歓迎しています。もし配布したいのであればOEM and CD-ROMを見てください。

このページのトップへ

OpenOffice.orgのソースコードには,もともとSun Microsystemsが今後のStarOfficeスイーツのために開発してきた技術が使われています。ソースはC++で記述され,言語に依存しないスクリプタブルな機能を実現しており,これにはJava(TM)のAPIも含まれています。この技術により,オフィススイートを各々単独のアプリケーションとして,または他のアプリケーションに組み込まれたコンポーネントとして使うことが出来るようになります。また,XMLベースのファイルフォーマットをはじめとした,非常に多くの特長をもっています。

このページのトップへ

XMLです。

このページのトップへ

XMLは業界標準であり,また相互運用可能なデータ構造として最適だからです。

このページのトップへ

XMLプロジェクトにあります。

このページのトップへ

SunはOpenOffice.orgにロードマップを添えて提供しています。ロードマップはソースの設計概略を示しています。その中で,ユーザ環境で統合できる個々のアプリケーション/コンポーネントについて述べています。結局,この問いに対する回答はOpenOffice.orgコミュニティとともにあるものということです。現在のロードマップを得るには、Papersを見てください。

このページのトップへ

Ver6.0からは,統合デスクトップ環境は廃止され各アプリケーションはコンポーネント化されました。

このページのトップへ

StarOffice5.2のリリース後,中核となる3つのオフィスアプリケーションとXMLの移行に力を注ぐことが決まりました。この転換により,Emailとスケジュールは除外されました。

このページのトップへ

tarballをダウンロードし展開してください。それからrootでインストールファイルのあるディレクトリ(展開したディレクトリ内の"install"ディレクトリ)に移動し,以下のコマンドを実行してください。
./setup -net
それぞれの端末から一般ユーザーで以下のコマンドを実行してください。
/usr/local/openoffice60/program/setup
そして指示に従い,"Standard Workstation Installation"を選択してください。

このページのトップへ

OpenOffice.orgは以下のことにJavaを使っています.

このページのトップへ

はい。X11R6に含まれるXvfb仮想フレームバッファに表示することが出来ます。より詳しい情報はhttp://www.itworld.com/AppDev/1461/UIR000330xvfb/を参照してください。X Windowが必要になるのはセットアップ時だけです。

このページのトップへ

戻る


この文書の更新履歴

2002 Jul. 12 日本語訳完成
2002 Dec. 21 アップデート